👆Page Top

10:00-22:00(L.O.21:30)(コーヒー・お食事の提供は11:00から)03−6915−6611 header

現在も、現地へ買い付けに行き、商談なども行っているため、コーヒーだけではなく、ライオンコーヒーのマグカップやTシャツなど、ハワイの有名珈琲店(スターバックス、アイランドビンテージコーヒー、モーニングブリューコーヒー、コーヒートークなど)の雑貨なども購入できます。

image

★コーヒー

ハワイのお土産で最も有名な「ライオンコーヒー」や、「ハワイアンアイルズコーヒー」などはもちろん飲めます。「パラダイスコーヒー」、「アルフレッドコーヒー」など、現地でよく飲まれているローカルコーヒーも飲むことができます。

ハワイのコーヒーを一番美味しく飲むことができる、コーヒーマシンと水を使用しドリップしたコーヒーは、毎日飲みたくなるような味わいです。

お客様にご提供するコーヒーは冷めないように、コーヒーが注がれるデカンタも、お客様にお出しするマグカップも温めてあります。

日本人がお茶を毎日飲むように、ハワイの人は毎日コーヒーを飲みます。
特別なものではなく、ハワイアンのように毎日飲めるコーヒーを日替わりコーヒーとして提供しています。

特別な日のためのコナコーヒー(世界三大コーヒーの一つ)もご用意しています。

毎日の日課である、子育て、勉強、スポーツ、仕事をするときのお供としてのコーヒー。
頑張った日、勝った日、うまくいった日など、特別な日に飲むためのコーヒー。
あなたの気分に合わせて、心をくつろがせてくれるフレーバーコーヒー。

フレーバーコーヒー、ノンフレーバーコーヒー、あわせて50種類以上をご用意してお客様のご来店をお待ちしております。

★コーヒーミルク

コーヒーミルクは、お子様がいるママさんたちの意見を取り入れ、安心・安全な北海道産を使用しています。 北海道牛乳と北海道生クリームをハッピーハワイ独自の割合で、ミックスしています。

ハワイのコーヒーの香りや味を、絶妙なバランスで支えながらも、
コーヒーミルクのまろやかさを感じることができるように、オーナーが考え配合しました。

ノンフレーバーコーヒーだけではなく、
フレーバーコーヒーにもぴったりのコーヒーミルクです。

★コーヒーシュガー(ガムシロ)

ハワイのコーヒーに合うように、甘みが強くないコーヒーシュガー(ガムシロ)も手作りです。ホットコーヒー用のケーンシュガーもご用意しておりますので、お気軽にお申し付けください(別料金)

高いコーヒーマシンを使えば美味しくできると思っていませんか?

コーヒーコーディネーターの資格を取って、日本一のバリスタこそ、最強のコーヒーを入れることができる、と思っていませんか?

どちらも、○と言いたいところですが、どちらも最終的に行き着いているところは、コーヒーの量と水の量、温度、そして、水の性質(硬水•軟水)です。 それらを、総合的に判断して、自分の好きな味になることが、美味しいコーヒーと言えます。

ハッピーハワイでは、それらを企業秘密!?の総合的判断を元に、ハワイ現地で飲んでいるようなコーヒーを提供いたします。 だって、きっとそれが、美味しいと思える。秘訣だからです!

1.くつろぎのこだわり
image

店内は、基本的にハワイアン音楽を流しています。理由は、ハワイを感じ、くつろいで欲しいからです。

しかし、ハワイでハワイアンミュージックが流れているお店って、ほとんどありません。飛行機、ホテルなどでは、ハワイアンミュージックを流していますが、おみやげ屋さん、レストランなどでは、ビルボードランキング曲などがよく流れています。

日本で琴や三味線が流れていないのと同じです。 お店に来るのは、観光客も多いですが、そのほかに、現地の人、お店で働いている人もたくさんいます。

きっとそんな理由からハワイアンミュージックだけがハワイで流れているわけではありません。しかし、ハッピーハワイカフェに来てくださるお客様は、きっとハワイを求めているので、飛行機やホテルで流れているハワイアンミュージックではなく、現地の人、ローカルに愛されているハワイアンミュージックを流しています。

みなさんが思っているハワイアン音楽ではないかもしれません。でもこれがローカルに愛されている、現地でよく流れているハワイアンミュージックです。

2.サービスのこだわり
image

ハッピーハワイでは、ハワイの雰囲気を出すために、スタッフにもこだわっています。

気さく、話しやすい、全員が同じサービスを提供できることを心がけています。

今日はいい天気ですね。昨日は、○○へ行ったんですか?など。大型店ではない、地域密着型の地元のコーヒー屋さんを目指しています。最近、5丁目に新しくお店できたよね?○○小学校の発表会どうだった?など。 ハワイでも、そんな雰囲気のお店がたくさんあります。 ハワイは、観光客が多いですが、しっかり地域密着型でローカルの人に愛されている店舗ほど、スタッフとの会話が弾みます。

「お・も・て・な・し」をハワイ風に!

3.美味しさへのこだわり
image

提供するランチメニュー、ディナーメニュー、スナックなどすべてをハワイからの輸入品にこだわっています。

季節商品や、品切れした場合は輸入までのリードタイムがあるなど、常に同じメニューを提供できない場合もございます。 しかし、それがハワイらしさでもあり、新しいメニュー作成の挑戦にもつながります。

日々進化し続けるカフェを目指してまいります。
※一部輸入できない商品や安全性が確保されていない商品などは、日本の安全規格に照らし合わせ、ハワイの味や雰囲気を壊さないように、別商品を使用しメニューの構成をしております。

menu menu menu